「弱み」が人生のハンドルを握ってる

 

f:id:lc100068:20180315194509j:plain



突然ですが、苦手なものってありますよね。
お恥ずかしい話ですが僕はめちゃめちゃあります。その一つが野菜。最近まではあらゆる野菜が嫌いで食べることができませんでした。小学校や中学校って残したらダメで最後まで食べれるまで昼休みはダメとかありませんでしたか?(笑) 


なので僕は昼休みをポツンと残されてしまうタイプでした。みんなが昼休み遊びにいっているのに、昼休み野菜とにらめっこしている時間は今でも鮮明に覚えてます。懐かしいな〜。


さらに言えば、本を読むのも嫌いでした。小学校、中学校と図書部長とかしてましたが、ひどいもんで読んでませんでした(笑)いや、語弊がありますね。漫画しか読んでなかったです。はだしのゲンとか三国志とか。絵がないと読めないタイプでした。


もう一つ、おまけですが、算数とか数学も凄まじく苦手です。好きじゃないのが式とか途中の計算とかあってるのに、ケアレスミスで数字が違うからバツにされるともーみたいな。ありゃ何もかもやる気を失いますよね(笑)あと、あまりに苦手過ぎて何パーセントとか何割とかをパッと計算できないんですよね。すーぐ電卓とか最悪ググってしのぎます。(笑)

 

苦手なものに運命を握られている


いやー簡単に3つ挙げましたがこれってなかなか致命的だと思いませんか?(笑)
ですが、大人になるつれて、今では野菜うめーってなったりとか(今でもトマトときゅうりは苦手です・・・笑)だいぶ本もよく読むようになりました。


しかし、数字は上の2つとは属性が違っていて、現在も苦手です。多分、机について算数や数学を勉強しないしな。とかもはやしたくない。(笑)上の二つは日常でもできることだから、改善したのかもしれません。


でも、やっぱり野菜が食べられないと健康を損ないますし、本を読まないと明らかに仕事についていきません。数学ができないと文系の大学になってしまいますし…。つまり、苦手なものを放置しているとそれに人生をふりまわされてるじゃねってことを最近改めて考え始めました‥。

 

弱みを言い訳にしていること


けっこう、「強みを活かせ」って本やセミナーと教えてもらえますけどこれもこれで大事だと思いますし、重要です。ですが、この言葉は麻薬ですよね。苦手なものに対して直視しなくて済むしそれについて罪悪感を忘れさせてくれる麻薬でもある思うのです。

 

さらに正直に明かすと実は僕は人付き合いめっちゃ苦手なんです‥。どれくらい苦手かというと人との会話もけっこう自分なりのテンプレに沿って話したりしてます。僕とよくいる人は「また同じこと言ってね?」って感じると思います。(実際、この間言われました(笑))

 

あと、沈黙が本当に苦手です。特により関係性が出来てないとなおのこと震えますよね‥笑 だから、ひたすら話そうするようにします。ひたすら、笑ってもらえるような工夫とか過度にお酒を飲んでごまかしたりとか‥(笑)


また、大人になるとなかなか指摘してもらえなくなりますが、最近ありがたい指摘をもらえました。それは「なんでタメ語で話さんの?」です。いやーほんまです。というかギクって感じでした。(笑)実はあんまり同い年とかにタメで話すことができないんです。

 

失礼じゃないかなぁとか思って敬語で話してしまうんですよね。逆に年上にタメ語で話したりしてる人すごいなーと思ってしまいます。先ほどの話と同じで敬語も一つのテンプレなのだと思います。自分なりの分析ですが、苦手なことって思考したくないから、テンプレ化して、思考を止めているんですよね。

 

まぁ考えないようにしているのもだいぶまずいですが‥。


さらにまずいは苦手だからって言い訳にしていること。例えば「実は僕コミュ障なんでって」(笑)。これは、ほんといけんな〜と思います。あんまり言い過ぎて、仲のいい人から「コミュ障、コミュ障言ってると本当にコミュ障になるよ!まじで禁止」って注意してもらいました‥

 

いやーうっ!グサっ!ですよね笑 本当にあんまり言ってる自分に暗示を勝手してしまうし‥。意識の根っこに入り込んでしまって大変なことになると思います。最近読んだ本の気づきですが。


なので、苦手だから頑張るようにします!強みにはならないかもですが、
せめて標準レベルまで持っていきたい‥

頑張ろう‥